千畳敷までロープウェイで行けるのに
敢えて北御所登山口から強者女子二人と登ってきました
01Kisokoma0085.jpg


紅葉の季節で天気の良い土曜日、そしてロープウェイで標高 2,610m まで上がれる千畳敷
当然駐車場もバスも激混み、何とかバスに乗れて 北御所登山口で下車,ここの標高は1,450m
02Kisokoma0001.JPG


朝日を浴びながら静かで気持ちの良い林道歩き
人混みの中ロープウェイで上がるより、やっぱり静かな山歩きでしょう!

03Kisokoma0003.jpg


紅葉真っ盛り、この青い空と紅葉のコントラスト・・・メッチャ綺麗!
こんな素敵な紅葉の中を歩いて行きます
04Kisokoma0006.jpg


水面に映る紅葉!素敵すぎます!!
05Kisokoma0010.jpg


もう感動の連続
07Kisokoma0038.jpg


紅葉の中を歩く強者女子達!
絵になってますネ
08Kisokoma0043.jpg


ロープウェイではこんな絶景を見れませんよ
09Kisokoma0046.jpg


でも、なかなか着きません・・・心なしか顔も疲れてるような・・・
たしかもう少しです、あそこに高いところが見えてます!
10Kisokoma0059.jpg


高い所はまさかの八合目(笑)・・・足取りが遅くなったのは気のせい?
でも、ここから見る千畳敷は絶景です!
ロープウェイで来たらこの絶景は見れません!とか言いながら
ブツクサ聞こえる声を無視して登ります(笑)
11Kisokoma0064.jpg


あれが宝剣岳
ゴツゴツして楽しそうでしょ!
12Kisokoma0070.jpg


そして一番奥に見える高いところが木曽駒ヶ岳
そう 100名山の木曽駒ヶ岳! あと1時間だけど中岳を越えたりアップダウンがあるんですね
13Kisokoma0072.jpg


ブツクサ聞こえてたけど、登ればみんな笑顔!
14Kisokoma0085.jpg


・・・で、ゴツゴツ楽しい宝剣岳の頂上
15Kisokoma0100.jpg


ゴツゴツ岩場は超元気になってます(笑)
16Bikke.jpg


この日は、宝剣岳頂上でテレビの生放送中(5チャンネル系)!
この方はこの瞬間をテレビカメラで撮影されてましたよ
16Kisokoma0113.jpg


そしてこんな所ではしゃいだり
17DSC.jpg


この人も
18DSC_0021.jpg


この人 先へ出過ぎ!
19DSC_0028.jpg


こんな岩場を登って 超笑顔!
20Kisokoma0114.jpg


・・・で千畳敷に戻ったら夕方
ロープウェイ乗り場から見る、楽しかった宝剣岳
21Kisokoma0119.jpg


今日も楽しい1日でした
この後 ロープウェイは乗車2時間待ち(激混み)
下山して、ガロでソースカツ丼食べ、こまくさの湯で汗を流し、帰りは超眠かった(^_^)v

 

台風の影響で天気は下り坂
新潟の方が崩れが遅くなる感じなので、今日は越後駒ヶ岳
01EchigoKoma012.JPG

天気はちょい高曇り
目指す越後駒ヶ岳の雄姿
02EchigoKoma002.JPG

東の空はいい感じの朝焼け、雲海も綺麗
03EchigoKoma001.JPG

雲もいい感じ
04EchigoKoma003.JPG

最初はこんな感じの所を歩いて行きます
05EchigoKoma004.JPG

標高を上げると紅葉も綺麗になってきました
06EchigoKoma005.JPG

メッチャ鮮やかな赤
07EchigoKoma006.JPG

絨毯のよう
08EchigoKoma007.JPG

もう少しで頂上
09EchigoKoma008.JPG

メッチャ鮮やかで、メッチャ綺麗
10EchigoKoma009.JPG

頂上から中岳方面、こちらの斜面も綺麗
11EchigoKoma013.JPG

南風が入っていたので、この格好(笑)
12EchigoKoma020.JPG

遠く尾瀬方面の燧ヶ岳、滑りに行かなくちゃ!
13EchigoKoma010.JPG

下山後は銀山温泉 白銀の湯 いい感じの温泉
14EchigoKoma014.JPG


この後、 堀之内の土佐屋で背脂ラーメン食べて、本日もフルコース満足でした。




 

今年のミッション 北鎌尾根で槍ヶ岳に登ろう!
00kitakama0149.jpg

槍ヶ岳から東鎌尾根を下り、水俣乗越から天井沢を 1,840m まで下った所が北鎌沢の出会い
そこから北鎌沢右俣を 2,500m まで登り、北鎌コルに出て、ここから槍ヶ岳に登ります
槍ヶ岳の裏側から登る、最近では人気のバリエーションルート
下の写真は、水俣乗越から下る天井沢方面
21kitakama0070.jpg

標高 2,500m 付近では少しずつ色づいて今年は紅葉も早そう
22kitakama0061.jpg

少し標高を上げた所から見た天井沢
23kitakama0091.jpg

独標までは踏み跡があり迷う事は無いけど、ルートは険しい
基本的に稜線歩きなので、360°の絶景に癒されます
24kitakama0072.jpg

千丈沢側から見る独標
もしもう一回行ったら、今度は直登かな?24kitakama0076.jpg

トラバースルートも断崖絶壁
25RIMG0984.jpg

独標のピークと槍ヶ岳
26RIMG0985.jpg

独標のピークから見る水晶方面
27kitakama0085.jpg

北鎌のコルがP7、この独標がP10、北鎌平手前のピークがP15
このゴツゴツを越えて、まだ先は長い
28RIMG0992.jpg

だんだん槍が近づいてきます
30kitakama0095.jpg

振り返ると今越えてきた独標が
31kitakama0101.JPG

槍が更にでっかくなってきます
こっちから見る 槍ヶ岳! メッチャ格好良くありませんか?

小槍、孫槍、曾孫槍、チビ槍・・・とか、色々あるみたい
40kitakama0103.jpg

これを登ると北鎌平
独標付近から一緒になった先行パーティー
超パワフルな方達で、テン泊道具一式を背負ってるのに早い!
41kitakama0107.JPG

北鎌平から見る槍
でかい!威圧感があります。
42kitakama0108.jpg

かにのハサミを目指して行きます
もう少し43kitamaka.jpg

チムニーの先
あと10mぐらい、頂上から登山者の声が聞こえてきます51kitakama200.jpg

祠の裏側から出てきました
到着!
顔が疲れてる
52RIMG1004.jpg

先行パーティと一緒に記念撮影
お疲れ様でした!
99kitakama0163.jpg

この後 新穂高温泉まで
捻挫の足が痛くなりスピードを上げれない、5時間30分かかってヘロヘロ
本日の消費カロリー 5,800Kcal (過去最高)

北鎌尾根で必要なスキル、ルートファインディングと体力でした

今年のミッション終了!、来年はどこ行こうかな?







 

天気と休みのタイミングが合わず、なかなか行けなかった槍ヶ岳
たまたま西やんから、今度の休み何処か行きますか?って連絡が
休みだし!天気も良さそうだし!二つ返事で7月から暖めてた槍ヶ岳プランを!
更に西ヤンから追加で、小槍クライミングの提案が!!
クライミングシューズに登攀用具も準備してもう ワクワク ドキドキ
06kitakama0016.JPG

登山口は新穂高から
スタイルはいつもの サーフトランクス+タンクトップ・・は寒かったので上だけTシャツ
ここは滝谷のあたりかな???
01RIMG0944.jpg

どんどん標高を上げ飛騨乗越到着!飛騨沢側には笠岳が
02kitakama0006.jpg

槍沢側には常念岳が! 何度来ても絶景です!!
03kitakama0005.jpg

で、いよいよ小槍へ、ただの岩の壁なんですが・・・・
04RIMG0968.jpg

アプローチも片側は断崖絶壁!
多少踏み跡がありますが、ルートファインディングが重要
05kitakama0015.jpg

小槍が全貌を現す!やっぱり岩の壁、そして下はず〜〜〜っと断崖絶壁
・・・で、この後は、一人が登り、一人がビレーの繰り返し
カメラマンいません!、写真撮ってる余裕なし、登ってるとこの写真がない!
05kitakama0036.jpg

・・・で小槍の頂上、アルペン踊りを踊る広さは無かった!
多少 顔が引きつってるように見えるのは気のせい(笑)
07kitakama0019.jpg

余裕の笑顔
大槍からみんな見てるよ!って


大槍から見てる人たち
08kitakama0022.jpg

小槍のピークから見る北鎌尾根
高いとこから見るとあまりゴツゴツしてない
トラバースルートも見えてます
09kitakama0023.jpg

ピークからの景色も堪能したので、懸垂下降しロープダウン
ここから見る小槍良くありませんか?青空と雲と岩のコントラスト
達成感300%!西ヤンありがとうございます
09kitakama0029.JPG

・・・で、東鎌尾根方面へ
ちなみにこっちは初めて、こっちから見る槍も格好いい!
10kitakama0039.jpg

今回は中央アルプスの空木岳に行ってきました (2014/09/10)。
上空に−12℃の寒気が流れ込んでるらしく 標高 2,864m の頂上は寒かった(笑)。

utsugi008.JPG

登山口に向かう林道古城線から見る駒ヶ根の夜景
なんか鍵がいっぱい付いている所から撮影
深夜2時頃撮影・・・遠く南アルプスがうっすらと見えてます
utsugi001.JPG

林道最終地点駐車場まで30分ぐらい林道歩き
utsugi002.JPG

静かな山でいい感じでしたね
utsugi003.JPG

大地獄・・・だったかな?
でも雰囲気は天国・・・いい感じの所でした。
utsugi004.JPG

午前中はメッチャ青空
次回は宝剣&木曽駒まで稜線歩きしたいね
utsugi005.JPG

稜線に出たら休憩と思ってるのですが
なかなか稜線に出ませんネ(*^_^*)
utsugi006.JPG

もう少しで山頂
駒峰ヒュッテに着く頃には雲が出てきちゃいました。
utsugi007.JPG

でも山頂に着くと雲も薄くなって
宝剣&木曽駒方面がいい感じに見えてます
utsugi009.JPG

とりあえず少しでも高いところへ(笑)
utsugi010.JPG

この方も高いところが好きそうです
utsugi011.JPG

私も高いところが好きです
utsugi012.JPG

私は少しだけ控えめに
utsugi013.JPG

やっぱり高いところへ
駒石
utsugi014.JPG

高いところが好きな3人@駒石
utsugi015.JPG

登りより下りが要注意ですね@大地獄
utsugi016.JPG

うぅぅぅん なんか身軽!・・・で、先頭ぶっちぎり(笑)
utsugi017.JPG

本日の歩行距離 約20Km、累積標高差 約1,700m、消費カロリー 3700Kcal
ご褒美は ガロのソースカツ丼・・・ごちそうさまでした!。
utsugi018.JPG


 

今年は南アルプスの年かな?(ただ南アルプスの方が天気が良さそうなんで)
今シーズン3回目の南アルプス塩見岳に行ってきました。
なかなかのロングコースで、アップダウンもあって、やっぱ南アルプス手強い。
shiomi0001.JPG

大鹿村で道に迷ってしまい・・・登山道へ行く道がわからない、30分以上ウロウロ (-_-;)
そんなこんなで、ちょっと遅めの朝4時40分越路出発、朝焼けがいい感じ
shiomi0002.JPG

朝の風は秋の薫りが
今日は 秋の薫りが似合うパワフルな方と一緒です。
shiomi0003.JPG

爽やかな風に吹かれながら、9時半に塩見小屋
塩見小屋から見る塩見岳・・もうちょっと
shiomi0004.JPG

360° 超絶景
仙丈岳、甲斐駒、北岳
shiomi0005.JPG

富士山がでっかい
shiomi0006.JPG

そして荒川岳も、中央アルプスの 空木、宝剣、木曽駒も

テンション高めで記念撮影タイム
shiomi0009.JPG

東峰では超自然な感じで(笑)
shiomi0007.JPG

テンション高めで富士山を踏んづけちゃおう!
富士山ゴメンナサイm(_ _)m
shiomi0010.JPG

はしゃいでますが何か・・・(~o~)
shiomi0011.JPG
ちょっと真剣です。
標高 3,047m から飛んでますから(笑)

遊びすぎて、帰りの時間にはこんな景色も見れました (^_^;)。
shiomi0012.JPG

 

天気がイマイチのお盆休み
山梨北部はいいのかな?と思い、瑞牆山〜金峰山へ行ってきました。
登山口は瑞牆山荘
野辺山〜信州峠経由で行くと2時間弱で行けちゃいます。


車泊して4時半起床の5時出発の予定でしたが
4時半に起きるとどしゃ降り(-_-;)
まぁ予報でも朝の6時頃までは雨予想っだたので、5時半に目覚ましをセットし直して爆睡モード
もう一度5時半に起きて、瑞牆山荘を6時出発
最初は瑞牆山へ・・・雨こそ降ってませんが、まだ雲が厚い感じ


今日もトレーニング目的のソロなので、セルフタイマーで自分撮りし、富士見平小屋まで戻り金峰山に向かいます。
戻る途中 将太君チームに遭遇!(写真撮るの忘れた^^;)
9時頃から雲も薄くなり、景色もよくなってきました。


金峰山到着(思ってたより遠かった)
少しだけですが青空も出てきていい感じです。


五丈石
結構多くの人がトライして惨敗
ならばとトライして登ってきましたが、ソロなので写真が・・・


今日のログ
瑞牆山荘 am   6:00 出発
瑞牆山    am   7:40 着
金峰山    am 11:00 着 am 11:45 発
瑞牆山荘 pm 14:15 着



   

今年は南アルプスの年?
南アルプス最南端の 3,000m クラス100名山 聖岳に行ってきました。
天気が微妙で、前日夜まで行き先が決まらず・・・
敗退覚悟で行った山は・・・ほほえんで迎えてくれました。!!!
P8060034hiziri.JPG

朝は幻想的樹林帯を歩いて行きます。
ひんやりした空気がメッチャ気持ちよくて、下界の暑さが嘘のようです。
P8060005hiziri.JPG

そして苔平
いろいろな雰囲気が味わえます。
P8060006hiziri.JPG
P8060012hiziri.JPG
P8060013hiziri.JPG

聖平を過ぎると今日の目的地が見えてきます。
風が少し強めで、流れる雲が絵になってました。
P8060024hiziri.JPG

小聖岳へ登る途中からの富士山
P8060026hiziri.JPG

いつものスタイルで 聖岳 Get !
P8060060hiziri.JPG

頂上からの富士山
P8060048hiziri.JPG

稜線にはシャクナゲも
P8060047hiziri.JPG

聖岳のログ
そして最近はルート定数ってのを計算
聖岳は鳳凰三山より少しだけ楽な感じです
GPShiziri.JPG

 
コースタイム ルート全長 累積登り標高差 累積下り標高差
米子瀑布 11.5 23.5 1.919 1.907
1.8 0.3 10 0.6
20.7 7.05 19.19 1.1442 48.0842
唐松五竜 11.8 19.1 1.854 2.204
1.8 0.3 10 0.6
21.24 5.73 18.54 1.3224 46.8324
12.5 19 2.508 2.518
鳳凰三山 1.8 0.3 10 0.6
22.5 5.7 25.08 1.5108 54.7908
13.4 17 2.268 2.262
聖岳 1.8 0.3 10 0.6
24.12 5.1 22.68 1.3572 53.2572

 

サンヒル 水曜チーム
メンバーは久々の磯君&由理ちゃん&ビッケの4人
梅雨明け前だけど、南は良さそうな感じなので鳳凰三山へ
下界の勝沼は最高気温36.3℃だったようですが、お山の涼風は寒いぐらい!。
・・・で、この笑顔です。
P7160080houou.JPG

青木鉱泉を5時に出発、こんな滝を見ながら登っていきます。
P7160015houou.JPG

最初は地蔵岳
まだ9時半着、磯君 ちょっと早すぎ
P7160057houou.JPG

ここへ登りたい!
P7160050houou.JPG

その登り方では無理かな?(笑)
P7160040houou.JPG

写真用の一瞬だけのやせ我慢ポーズ(笑)
P7160038houou.JPG

安全第一で
オベリスク は次回の課題 (^_^)v
P7160034houou.JPG

今日の無事をお地蔵さんにお礼して
P7160046houou.JPG

白鳳三山をみながら
P7160063houou.JPG

観音岳に
P7160070houou.JPG

遠く富士山を見ながら薬師岳経由の下山
本当は富士山へ滑りに行こうかと思ったのですが
約2名からいやだと言われちゃいました。(-_-;)
P7160066houou.JPG

下山途中でクールダウン
めっちゃ気持ちよかった!
P7160084houou.JPG

今日は頑張ったのでご馳走です!! (^O^)


次はどこへ行きましょう?
来週の水曜日も天気が良さそうです。


 

有明山に行ってきました。
本当は6人の予定でしたが、4人に変更
更に一人だけ表参道ルート (^_^;)

・・・で私の Schedule は
黒川沢から表参道を上って中房に降り、午後の3時からお店でお仕事
黒川沢登山口 午前5時スタート
台風の影響で増水が心配

Ariake_01.JPG

増水は大丈夫でした。
このルートは滝が多くてメッチャきれいデス
Ariake_02.JPG

朝日にあたると虹がみえます
画像だとわかりにくいかな???
Ariake_03.JPG

出発して4時間で山頂到着
いい天気でした
Ariake_04.JPG

燕 方面
Ariake_05.JPG


北岳、中岳、南岳 にお礼を言ってきました。
『今日も安全に登らせて頂きありがとうございます』
Ariake_06.JPG

あとの3人とは頂上ですれ違いました(笑)

このあと2時間で有明荘まで下山
12時38分のバスで登山口まで移動
古里到着 15時00分
Blog 投稿 20時35分(笑)

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM